弘道 過去の発行状況
  • ※1 昭和41年1月・2月号から特集テーマを掲載しています
  • ※2 記載のない号数については、本会事務局までお問い合わせください。
発刊月 特集テーマ データ
昭和49年11/12月 853号 特集:勇気と忍耐
【巻頭言】
野口  明:勇
鈴木  一:大勇ー父・鈴木貫太郎の思出
相馬 敏夫:勇気ある人物-私の私淑した人びとー
福湯  豊:若き日の板垣退助ー私の好きな維新の人物ー
村尾 次郎:忍耐の勇
木下 広居:勇気と忍耐

古川 哲史:泊翁佳言(六) 民主主義批判
鈴木 重信:今後の日本の教育を考える(上)ー戦後教育における児童観の再検討ー
村田  陶:陶淵明を敬愛する私
koudou0853
昭和49年7/8月 851号 特集:旅と人生
【巻頭言】
野口  明:旅
相馬 敏夫:旅<小学時代の読本を思い出しつつ>
鈴木  勲:ジュネーブ通信ースイスの春の小旅行
坂口 順一:旅と職業
高野 つる:土の色
片山 清一:旅と人生
山本 厚子:一難去ってまた一難ーメキシコ旅行の思い出ー
古川 哲史:泊翁佳言(四)
木下 広居:韓国とアイルランド
黒羽 亮一:教師ILO聖職論におもう
koudou0851
昭和49年5/6月 850号 特集:自然と人生
【巻頭言】
野口  明:絶対なるもの自然
入江 相政:緑
井手 成三:全国を緑に
木下 広居:都市の問題ー自然と人生ー
竹下 せつ:旅と花と

古川 哲史:泊翁佳言(三)
千葉 三郎:わが青春
三原善太郎:近来の外交・経済提携におもうこと
大塚正八郎:梅雨どきから酷暑への保健
斎藤 則夫バラの花と人生
koudou0850
昭和49年3/4月 849号 特集:現代社会と日本精神
【巻頭言】
鈴木  一:両陛下の金婚式

安津 素彦:国旗「日の丸」・国歌「君が代」について
戸田 義雄:伝統的価値の実証<小野田家の精神系譜によせて
<随筆>
相馬 敏夫:医者と彫刻家との心のふれあい
鈴木  勲:ジュネーブ通信(1)
斎藤 喜門:南米の教育状況
渡辺  昭:天皇杯受賞と養豚経営
渡辺 広志:最近の土地問題について
koudou0849
昭和49年1/2月 848号 特集:転機に立つ日本
【巻頭言】
野口  明:転機一番
諸橋 轍次:「寅」年について
千葉 三郎:友情の輸出
井手 成三:元号法制について
千石  保:日本人とは何かー世界青年意識調査から
木下 広居:流れを変えよう
古川 哲史:泊翁佳言(一)
酒井 利行:”今和気公”を以って任ずるの機(トキ)
笹本  寅:歩一歩太閤
koudou0848
昭和48年11/12月 847号 特集:老人の責務
【巻頭言】
野口  明:老人福祉と老人責任
新福 尚武:老人の生き方
木下 広居:老人の責務
大塚正八郎:老年と健康管理
萩原 清子:老人の善行・美談をめぐって
森  幹郎:子ども夫婦からの離乳

加藤実之吉:寿昌杯を戴いて
木下 広居:寿昌杯と健康法
九十一翁 和波 豊一:日本一長寿者を訪ねて
桑田 要子:老人の幸福
渡辺 正勇:加恵静雄君を惜しむ
笹本  寅:葉隠大名(鍋島直茂)
koudou0847
昭和48年9/10月 846号 特集:現代の倹約
【巻頭言】節約の意義
講演
泊翁西村茂樹:節倹
町田 一郎:世界的・日本的節約
小出 孝三:インフレーションと節約
関 未代策」:節約道
宮西 一積:節約と報徳
木下 広居:矩を踰えず
川上 富三:石川理紀之助翁の倹約とその思想
笹本  寅:石田堤由来記
koudou0846
昭和48年7/8月 845号 特集:親切運動・小善運動
【巻頭言】
野口  明:親切運動・小善運動
講演
茅  誠司:「小さな親切」の芽
田部井俊夫:闇の中の親切
古川 哲史:善事千里
木下 広居:小さな親切
渡辺 正勇:「親切」ものがたり
笹本  寅:「論語」と加藤清正(下)
橋爪 若子:「カナダ」あれ・これ
koudou0845
昭和48年5/6月 844号 特集:現代と「論語」
【巻頭言】
野口  明:儒教は死なず
諸橋 轍次:論語の教え
阿部 吉雄:論語と教育
木下 広居:聖賢の道
高木 一夫:渋沢栄一と論語
片山 清一:近代日本における「論語」の教育<西村泊翁先生の儒教観を中心に>
笹本  寅:「論語」と加藤清正(上)
渡辺 正勇:鳥語を解する公冶長
西条 正雄:マンゴスチンの郷愁ー虫歯予防デーによせてー
koudou0844
昭和48年3/4月 843号 特集:日本人の再検討
【巻頭言】
野口  明:日本よ何処に行くか
古川 哲史:百科事典(エンサイクロペジア)の中の日本人
木下 広居:日本国民性は変ったか
片山 清一:西村泊翁先生の平和主義外交論
鈴木  勲:広瀬淡窓覚書
森田康之助:尼ケ崎藩主青山幸利侯ー最初の楠公顕彰者ー
渡辺 正勇:鈴木貫太郎大将をお訪ねして
秋山 孝男:恩人<商いの心>
koudou0843
昭和48年1/2月 842号 特集:中国文化の理解
【巻頭言】
野口  明:中国文化に親しむ

諸橋 轍次:丑(牛)年に因んで<十二支物語>
鎌田  正:中国の古典に見える宝について
岡  宗義:講演 日中国交正常化をめぐる中国および台湾の立場
木下 広居:中国に対する理解
吉田吉之助:味覚説法ー中国料理ものがたりー
渡辺 正勇:日中国交回復によせて
福湯  豊:島田虎之助の母
koudou0842
昭和47年11/12月 841号 特集:生涯教育の問題
【巻頭言】
相馬 敏夫:国内的平和

平塚 益徳:生涯教育について
片山 清一:会祖西村泊翁先生の生涯教育論ー東京修身学社から日本弘道会への道ー
鈴木  勲:生涯教育私論ー咸宜園教育の再評価ー
白鳥 謹爾:へき地教育の楽しみ(二)
木下 広居:国防の問題と軍国主義
関 未代策:「円」の波紋
和波 豊一:富士山に登りて
渡辺 正勇:鈴木一平氏の偉業を偲ぶー苦闘三十五年、世界一の大漢和辞典出版ー
田村  寿:秒ヨミ
笹本  寅:越後の小冠者<上杉謙信>
koudou0841
昭和47年9/10月 840号 特集:学制発布100年
【巻頭言】
野口  明:学制百年に当りて

海後 宗臣:学制発布百年
木下 一雄:学制百年におもう
黒田 亮一:学制百年の側面
木下 広居:教育勅語と政治
相馬 敏夫:自己反省
白鳥 謹爾:へき地教育の楽しみ
入江 相政:夏の一日
千葉 三郎:波瀾万丈の一生涯 武藤三治さんの教訓
畠山 兼人:「ニッポン」国号考
笹本  寅:四国三十三ヵ国の旗頭
koudou0840
昭和47年7/8月 839号 野口  明:式辞[第七十回総会]

特集:緑陰読物号
関 未代策:死と壁
寺崎 隆治:大東亜戦争中の海軍の名将
古川 哲史:泊翁・西村先生の詩(第十回)ー九十九里浜・三首ー
木下 広居:民信なくんば立たず
堀  賢次:二人の中国人
笹本  寅:千代田城の大石ー土井利勝のこと
koudou0839
昭和47年5/6月 838号 特集:沖縄の本土復帰
野口  明:本土沖縄一体化
大浜 信泉:沖縄今後の課題
金城 和彦:祖国復帰と沖縄返還
渡辺 正勇:沖縄県復帰と再建によせて
相馬 敏夫:機密と自由
【時局批判】
木下 広居:最近の事件《三島判決・沖縄恩赦・総裁選挙》
鈴木  勲:卒業式の学長告辞ー金沢大学学長の投じた波紋ー
笹本  寅:ちぎりあれば<大谷刑部の逸話>
古川 哲史:泊翁・西村先生の詩(第九回)ー「謁源右大将墓」一首ー
鈴木三八男:「唐詩」漫訳
koudou0838
昭和47年4月 837号 特集:西村先生と日本人
【巻頭言】
野口  明:彼の得失
鈴木  一:陛下のご研究について
古川 哲史:泊翁西村先生の詩(第八回)「・・・・・・・・・・・墓」
山本 哲生:西村茂樹翁と「女子教育論」(1)
高橋 和雄:横井庄一さんと日本人
木下 広居:赤軍事件で考えること
後藤  弘:税は身を扶く
笹本  寅:吹かねど花は・・・・・・
大塚正八郎:春の健康管理ー明日への充実のためにー
koudou0837
昭和47年3月 836号 特集:新日本の教育
【巻頭言】
木下 広居:暴力を否定する
平塚 益徳:世界の中の日本の教育
鈴木  勲:最近の教育判決(続)ーノーネクタイ教諭解雇事件ー
古川 哲史:泊翁西村先生の詩(第七回)ー懐古の詩五篇ー
木下 広居:軍国主義について
入江孝一郎:靖国の英霊は何処へー靖国神社法案の経過と今後ー
岡野 正隆:「人足寄場」について
笹本  寅:善を急ぐ井伊直孝
koudou0836
昭和47年2月 835号 特集:新産業人の信条
【巻頭言】
野口  明:警察への理解と協調
相馬 敏夫:忠告と反省ーある株主との話合いー
茂木啓三郎:「一隅を照らす」
守田 志郎:自然環境と断絶した日本農業
古川 哲史:泊翁西村先生の詩(第六回)ー眼病詩一首ー
加藤 刀水:渡米使節の随員 松山好徳翁
小池 与市:長期税制答申と所得税の方向を語る
白鳥 謹爾:チビッ子の天国-千葉県子どもの国ー
笹本  寅:うぐいす談義
koudou0835
昭和47年1月 834号 特集:新年への期待
【巻頭言】
黒羽 亮一:真の独立

諸橋 轍次:漢籍からみた子の年について
松元 文子:食生活の現状を考える
田辺 肥洲:人となれ人<人間性の回復>
鈴木  勲:最近の教育判決ー都教組判決についてー
井手 成三:現行憲法の欠陥
木下 広居:皇室論
井崎乙比古:蒙古大草原の正月風景
古川 哲史:泊翁西村先生の詩(第五回)ー病眼一首ー
勝山  茂:老人の口腔衛生について
koudou0834
昭和46年11/12月 833号 特集:西村先生と現代
【巻頭言】
野口  明:道徳と政治
古川 哲史:泊翁西村先生の詩(第四回)ー「偶成」七首ー
篠丸 頼彦:西村茂樹先生の功績ー西洋文化の導入と道徳教育ー
鈴木  一:世紀の快事
神川 彦松:世界の大勢と日中問題
木下 広居:これでいいのか政治は
千葉 三郎:私の尊敬する人々(その一)
関 未代策:石井外相と兄
大塚正八郎:寒さと脳卒中<冬を迎えての注意>
田村  寿:旅-今と昔ー
koudou0833
昭和46年10月 832号 特集:日本の伝統と現代
【巻頭言】
相馬 敏夫:ドルと円

古川 哲史:泊翁西村先生の詩(第三回)
入江 相政:道に捨てる
木下 広居:現代政治問題
[講演]
花山 信勝:聖徳太子の信仰と現代日本
小池 与市:税制調査会よ、歩一税たる付加価値税に慎重たれ
渡辺  昭:ボーイスカウトとジャンボリーについて
野口  明:エマーソンの報償論(五)
片山 清一:ヨーロッパ便り(二)
佐藤喜一郎:円切上げと外貨利用の方法
koudou0832
昭和46年9月 831号 特集:老人の健康と幸福
【巻頭言】
諸橋 轍次:青田売り

諸橋 轍次:老者は之を安んぜしめん
片山 清一:親孝行と敬老精神
高橋 重聰:老人福祉に関する今日の問題点

古川 哲史:泊翁西村先生の詩(第二回) 失題十一首
野口  明 訳:エマーソンの報償論(四)
木下 広居:毛沢東伝(五)
片山 清一:ヨーロッパ便り第二信ー(一)
koudou0831
昭和46年8月 830号 特集:故酒井忠正会長追悼特集
弔詞
岡田 文秀:復光会理事長
野口  明:本会副会長

岡田 文秀:酒井さんとともに苦労した思い出
野口  明:酒井前会長を追慕す
土岐  章:各界に貢献したご功績
鈴木  一:アジア競馬会の大恩人
渡辺  昭:酒井さんの思い出
田村  寿:名流のながれ
岩崎  晶:酒井会長の追憶
石橋 香峰:酒井会長に接した思い出
渡辺 正勇:「相撲の殿様」を悼む
伊豆山格堂:「参前舎」舎号の由来
関屋 龍吉:刑法と倫理道徳

古川哲史:泊翁西村先生の詩(第一回)ー平泉・中尊寺 六首ー
鶴岡  衛:硯の井戸
木下 広居:毛沢東伝(四)
野口  明:エマーソンの報償論(三)
吉野  実:多収米と美味米と公害米
鈴木三八男:漫筆 「猫談義」
koudou0830
昭和46年7月 829号 特集:自然と道徳
[第六十九回総会式辞]
野口  明:西村会祖の精神を生かす時

麻木米次郎:道徳と自然の摂理ー子どもの「しつけ」と調和の原理
[わたしの提言]
出光 佐三:真心から出る道徳を教えよー家庭教育としての「しつけ」ー
白鳥 悌子:朝に拾う
影山 稔雄:わがいのちの歌
木下 広居:毛沢東について(三)
井崎乙比古:緑蔭閑話
野口  明:エマーソンの報償論(二)
西鶴 定嘉:昔の中国・朝鮮・ロシアはカラフトを日本領と認めていた(下)
koudou0829
昭和46年6月 828号 特集:回顧と展望
【巻頭言】
大浜 信泉:情報化時代と第三の日

野口  明:エマーソン報償論(一)
片山 清一:二十一世紀を目指す現代教育のあり方ーD・S・ハラシ―の「二十一世紀」を中心にー
黒羽 亮一:刑法改正と新聞
木下 広居:毛沢東伝(二)
福島 恒春:沖縄の旧海軍壕をたずねて
西鶴 定嘉:昔の中国・朝鮮・ロシアはカラフトを日本領と認めていた(上)
勝山  茂:歯と健康
大町 久世:十和田湖の乙女の像の出来るまで
koudou0828
昭和46年4/5月 827号 特集:日本の象徴
【巻頭言】
野口  明:両陛下の御渡欧

千葉 三郎:両陛下の御外遊を慶び五十年前の東宮殿下時代を偲ぶ
菅野 儀作:日の丸
古田 紹欽:君が代
[講演]
井手 成三:困った憲法

木下 広居:日中の問題に関連してー毛沢東の性格ー
[研究こぼればなし]
小原 二郎:仏様の戸籍調べ

斎藤 喜門:読書する子どもに育てよう
白鳥 悌子:ふと立ち止って
koudou0827
昭和46年3月 826号 特集:日本人の心
【巻頭言】
相馬 敏夫:罰があたる

木村 義雄(十四世将棋名人):勝負の十段階
片山 清一:西村茂樹先生の「切腹」論<何が、西村先生をして自殺讃美者たらしめたか>
木下広居:法務大臣の責任
西村 三郎:日本語と日本語教育
長谷川敏正:修行と布教回国の精神
越川 春樹:教育公害
小池 与市:福祉国家への前進と税知識(二)
大塚正八郎:今頃多い脳卒中
koudou0826
昭和46年2月 825号 特集:1971年の社会
【巻頭言】
沢田 源一:自然と調和

大浜 信泉:一九七〇年代の課題
木下 一雄:「易うらない」を説く
江藤 彦武:雑感

渡辺 正勇:慈父と仰ぐ 島津忠重公の御霊のみ前に
木下 広居:三島事件についての疑問
武井 正弘:荒野の叫びー三島由紀夫氏の死ー
田村  寿:現代の社会風潮を批判する
小池 与市:福祉国家への前進と税知識か(一)
koudou0825
昭和46年1月 824号 特集:1971年の指針
【巻頭言】
相馬 敏夫:公害と道徳

野口  明:「大学」を読んで、感有り
平塚 益徳:日本教育の将来
木下 広居:入学試験廃止論
石橋 雅義:国歌 君が代について
横田 国義:教育への祈り
[大学物語]
諸橋 轍次:犬猫のまねはできない
市川 正巳:地球上の水ーその循環と総量ー
守屋  治:交渉のテーブルにつけー北方領土問題解決への指向ー
松下 芳男:国民一人の政治力
koudou0824
昭和45年11/12月 823号 特集;文化と人生
【巻頭言】
野口  明:文化の意義

手塚 竜麿:西村茂樹先生と令弟勝三氏
伊豆山善太郎:私の茶と禅<その出合いと修行>
井手 成三:文化の向上<人間生活のものさし>

道徳の復興(二十五)
木下 広居:政治は力か

山下 正雄:北ベトナムの現情と将来ーその経済・社会・軍事の情勢ー
菊池 文雄:四十二年ぶりに帰った祖国日本見たまま

教育随想
越川 春樹:一隅を照らす<朝の論語会>
koudou0823
昭和45年10月 822号 特集:現代の教育問題
【巻頭言】
木下 一雄:教育行政制度の一問題点

海後 宗臣:教育勅語と西村茂樹先生
鈴木  勲:教科書判決について
木下 広居:教育をどうするー三悪を追放せよー
徳久 鉄郎:現代高校生<断絶・紛争・PTA>

時事解説
黒羽 亮一:あらたな国難ー難しい七〇年代の政治・経済ー
[歴史と現代]
田村  寿:日本人の偉さ<日本最初の遣米使節団>

安武 貞雄:健康の根本問題
神子上恵竜:宗教と道徳ー仏教の立場からー
松延  博:あなたの体操
koudou0822
昭和45年9月 821号 特集:老後の幸福のために
【巻頭言】
徳川 義親:長寿法なんてない

入江 相政:こんな年寄りに
相馬 敏夫:大立替と洗心
木村 健一:若々しい心ー私の取材ノートよりー
吉岡 良信:寿杖
木下 広居:国民性の問題

《新しい家庭教育》
横田佐代次:[6] 英才は家庭の幼児教育から(Ⅱー英才・天才の母と父ー
koudou0821
昭和45年8月 820号 特集:思想の底にあるもの
【巻頭言】
木下 広居:物質主義の腐敗

手塚 竜磨:西村茂樹・津田仙と米医ㇵッホーン
新美 忠之:言論における戦後
西村幸二郎:天子さまのツツジ
古川  清:ソ連という国(下)
大塚正八郎:夏の健康管理
後藤 三郎:日本人と民主主義
koudou0820
昭和45年7月 819号 特集:日本の前途と道徳
[巻頭言]
酒井 忠正:式辞[第六十八回総会]

諸橋 轍次:位無きを患えずして立つ所以を患う
高田元三郎:真の大国への道
木下 広居:均しからざるを憂う
古川  清:ソ連という国(上)
山本  光:人手不足と林業

<新しい家庭教育>
横田佐代次:[6.]英才は家庭の幼児教育から(Ⅰ)
koudou0819
昭和45年5/6月 818号 特集:幼児・青少年の教育
【巻頭言】
平塚 益徳(国立教育研究所長):「幼児教育」重視の背景

入江孝一郎:幼稚園と家庭に於ける幼児教育の焦点
よこた・かずこ:幼稚園の子どもたち

[小学校]
今井新之丞:子どもの理解
[中学校]
横尾 武成:現代の中学生

横田佐代次:新しい家庭教育 知能の発達と英才教育(Ⅲ)
斎藤文太郎:青少年の意識と行動ー昭和四四年「青少年白書」に基づくー
越山 春樹:ヨーロッパ教育の管見
樫葉  勇:旅でひろった話

[道徳の復興](二十三)
木下 広居:乗っ取り事件の意味

江島 一浩:米の生産調整ーその意味するものー
葉山 修平:笑いについて
koudou0818
昭和45年4月 817号 特集:進歩と調和
【巻頭言】
入江 相政:何とか無事に

鈴木  一:聖断の意味するもの
相馬 敏夫:調和を望む
中川 武夫:現代と道徳ー高度の科学文明社会に生きる道

道徳の復興(二十三)
木下 広居:文明とは何かー西郷南洲の遺訓ー

片山 清一:西村茂樹翁の眼に映じた 明治維新の功臣像

横田佐代次:新しい家庭教育 知能の発達と英才教育(Ⅲ)
koudou0817
昭和45年3月 816号 特集:時代と人物
【巻頭言】
大浜 信泉:日本人のヤブニラミ症状

片山 清一:会祖西村翁の眼に映じた明治維新の功臣像(一)
田村  寿:印刷文化の生みの親へボン博士、ガンブル師と吟香先生

道徳の復興(二十二)
木下 広居:民主化の問題

後藤  弘:「期待しない」という人生観
渡部 景隆:<月の科学>アポロ計画への期待と現実の間
[講演]
石井 千尋:太陽と月と地球

新しい家庭教育
横田佐代次:知能の発達と英才教育(Ⅲ)
koudou0816
昭和45年2月 815号 特集:日本弘道会の現代的使命
【巻頭言】
野口  明:公営賭博の廃止

黒羽 亮一:大学という組織は発言できないのか

道徳の復興(二十一)
木下 広居:総選挙と政治不信

片山 清一:日本弘道会の沿革と現代の使命ー社会教育としての道徳教育の向上ー

[講演筆記]
出光 佐三:モラルの奴隷になるな

大塚正八郎:作られた味と色
川瀬 一馬:花の失せぬところ
koudou0815
昭和45年1月 814号 特集:西村先生と現代社会
【巻頭言】
諸橋 轍次:第一義

古川 哲史:国是としての文政と武政
小沢 栄一:西村茂樹翁壮年時の西洋史書の訳業

道徳の復興(二十)
木下 広居:日英の君主制
鈴木  勲:欲望充足教育の反省
相馬 敏夫:侠将の書翰

大浜 信泉:日米共同声明と沖縄問題
koudou0814
昭和44年11/12月 813号 特集:現代の急務と道徳の確立
【巻頭言】
野口  明:再び大学問題について

神川 彦松:新日本的・世界的イデオロギーを提唱せよー日本弘道会の新使命ー

道徳の復興(十九)
木下 広居:イギリスの君主政治

大森  弘:学生運動と高校生の意識

[講演]
安西  浩:エネルギーのうつりかわりと最近の公害問題

入江 相政:駑馬の味
樫葉  勇:旅で拾った話
大塚正八郎:冬の健康管理について
koudou0813
昭和44年10月 812号 特集:時局と道徳
【巻頭言】
鎌田  正:菊薫る十月
諸橋 轍次:わたしの人生観 本物とにせもの(下)
千葉 三郎:民主主義政治と国会運営

道徳の復興(十八)
木下 広居:紅衛兵と文化大革命

新美 忠之:大学教育側面観<酪農アルバイト学生記事から>
小山松勝一郎:春日山  清河八郎、「西遊草」孝母の旅日記より
斉藤 喜門:古典鑑賞のための素読法
koudou0812
昭和44年9月 811号 特集:敬老の精神
【巻頭言】
相馬 敏夫:物心両面の豊かさが肝要

諸橋 轍次:わたしの人生観 本物とにせもの(上)
 
道徳の復興(十七)
木下 広居:中国の風土と歴史

片山 清一:「日本弘道会」の設立とその目的 開祖西村先生の思想とその発展

木村 健一:すばらしき老後 百二歳の川柳ばあさん

川村 宗嗣:改憲問題に関する日本弘道会の態度について

<新しい家庭教育>
横田佐代次:テレビと子ども(2)
koudou0811
昭和44年8月 810号 特集:消夏読物号
【巻頭言】
石橋 雅義:手きびしい外人の批判

野口  明:ソクラテスの臨終と霊魂不滅論
田村  寿:今の人よりえらかった佐野鼎先生
石橋 雅義:回顧二題
渡辺 広志:明日の不安を未然に防ぐ交通事故の防止

<新しい家庭教育>
横田佐代次:テレビと子ども(1)
加藤 一雄:新しい”しつけ” 中f学生と純潔教育

大塚正八郎:夏の健康について
篠塚しげる:俳句の持味
野口  明:石川謙氏を惜しむ
koudou0810
昭和44年7月 809号 特集:ゆれ動く社会と道徳
【巻頭言】
酒井 忠正:総会式辞(第六十七回)

片山 清一:会祖西村先生の予言と現代ー平和国家の建設と自衛軍備ー
山本  光:天地と我と一体 ー禅とわたくしー
黒羽 亮一:若者の反逆と新聞記者の眼

道徳の復興(十六)
木下 広居:共産主義の道徳否定
末続 雅道:私の私淑する小野・古賀先生
渡部 景隆:月の科学 ーアポロ計画への期待ー
高田  賢:子どもの好きな流行歌とその指導
koudou0809
昭和44年5/6月 808号 特集:時代と人間と教育
【巻頭言】
相馬 敏夫:四つのテスト

林  修三:三E時代と人間生活
入江孝一郎:英才教育への期待
源田  実:闘魂ー恒に困難なる道を選べー
大浜 信泉:火がついた沖縄問題
浦崎  純:沖縄返還問題の焦点
横田佐代次:新しい家庭教育(10)ー子どもとマンガー
koudou0808
昭和44年4月 807号 特集:新時代と皇室
【巻頭言】
麻生 磯次:天皇陛下の御学問

野口  明:宮中生活の思い出
ローベル・ギラン:日本の挑戦

道徳の復興(十五)
木下 広居:武士道と尚武

塩沢 光利:子どもと流行語

[講演]
斎藤  忠:一九六九年の極東
koudou0807
昭和44年2月 805号 特集:反省と前進のために
【巻頭言】
野口  明:大学問題

川村 宗嗣:日本弘道会の発展のためにー新「弘道会要領」の設定を望むー
佐久間 彊:わたしの終戦

道徳の復興(十三)
木下 広居:大学生と暴力

片山 清一:ヨーロッパ旅行で知った日本および日本人の力(一)ー日本人旅客と日本語の進出ー
能戸 英三:北方領域恢復の悲願
横田佐代治:新しい家庭教育(その八)

会員便り
平田 儉二:日本人の誇りをもたせよ
koudou0805
昭和44年1月 804号 特集:明治101年の課題
【巻頭言】
諸橋 轍次:年頭感 「日々新又日新」

田村  寿:未来社会は物心両面で完成<新しい酒を古い皮袋にもる>
森田康之助:生きがい
相馬 敏夫:集団の美しさ
新美 忠之:戦後教育と教育勅語
木下 広居:道徳の復興(十二)ー恩赦と新宿騒動ー

道徳教育のヒント(8)
高田  賢:子どもの過去意識の一面ー明治時代をどう見ているかー
[講演]
村尾 次郎:私は大学問題をこう考える

会員だより 学生騒動に想う
岩崎  晶:三者分立の大学を
高野 つる:今こそ母の力をもって
koudou0804
昭和43年11/12月 803号 特集:明治100年の伝統と近代化
【巻頭言】
千葉 三郎:教育の力

岡田 米夫:伊勢神宮の式年遷宮は何故二十年ごとに行われるか
森田康之助:日本のこころ
野口  明:マルクス・アウレーリウスの自省録
西村 茂樹:読書ノ要領
木下 広居:道徳の復興(十一)ー学生運動と暴力ー
入江 相政:北海道百年

道徳のヒント(7)
小林 良男:「神話」と現代っ子ー子どもらは神話をどう受け取るかー

関 未代策:本堂の友情
後藤 三郎:古歌新想
koudou0803
昭和43年10月 802号 特集:明治100年の再評価 koudou0802
昭和43年9月 801号 特集:明治天皇と明治の精神
【巻頭言】
岩淵悦太郎:映像文化時代の読書

角田 時雄:明治天皇と明治の精神
相馬 敏夫:四十三年振りの欧州視察からかえって
木下 広居:道徳の復興(九) 明治の偉人ー(2)
藤松 忠夫:伸びゆく日本の翼ー航空会社は国力のバロメーターー
木村 健一:茶の友達=老人福祉活動の一例=

野口  明:藤井種太郎先生を偲ぶ
koudou0801
昭和43年7/8月 800号 記念特集:『弘道』八百号までの歩み
酒井 忠正:第六十六回総会式辞

海後 宗臣:道徳教育史上における西村泊翁
平塚 益徳:明治百年の教育と現代教育の問題
木下 広居:暴力を追放せよ!ーロバート・ケネディ暗殺に寄せてー
五十嵐徳雄:学校植林の成果をかえりみて
渡部 景隆:泥や砂の経歴

[道徳教育のヒント]4
小谷野愛子:夏休みと子供のレジャー

「弘道八百号」を迎えて <会員よりの祝辞>
野口  明:弘道八百号を迎えて
石橋 香峰:四十年の思い出
伊藤  武:弘道誌八〇〇号を祝福する
大島 正義:明治百年の道誌
川村 宗嗣:秋田支会の回顧
小出 孝三:時弊に思う
後藤 三郎:慨世先憂の勇士 西村茂樹翁
斎藤 喜門:進んで世の洗剤に
関屋 竜吉:責務は益々重大
田村  寿:古いよき時代の弘道会界隈
竹陰 長尾宗次 八十二叟:八百号に寄せて
萩原 易治:弘道精神を仕事の上に
藤原 楚水:弘道会の思ひ出
藤本 万治:弘道起伏九十年
古津千次郎:弘道精神と日本国
三好 凌石:詩林の想い出
吉野  中:明治ノ回想
koudou0800
昭和43年6月 799号 特集:国字問題
【巻頭言】
鎌田  正:漢字の教育を尊重せよ

葉山 修平:国語・国字問題雑感
石井  勲:頭を鍛へる漢字学習法
斎藤 喜門:漢字教育の問題

片山 清一:西村茂樹先生のみた日本近代化の問題点(三)ードナルド・H・シャイブリー教授の研究ー
能戸 英三:北方領土恢復の問題点

[道徳教育のヒント]3
秋元 宜明:塾と子ども

浦崎  純:沖縄の主席公選 <予想される空前の激戦>

<禅話>
塩谷 祖光:心(しん)の力(ちから)
koudou0799
昭和43年5月 798号 特集:子どもと道徳
【巻頭言】
木下 一雄:科学技術の進歩と人間倫理の遅滞
森田康之助:武士の心がけー日本のこころー
木下 広居」道徳の復興(九)

[講演要旨] 於磐城体育センター
大浜 英子:父・母・先生と子供たち

山口 寿恵:子どもの日によせて

[道徳教育のヒント]2
広沢 節三:学校のしつけー日本と英国の比較ー

横田佐代次:新しい家庭教育(その6)<子どもの考える力とあそび>
koudou0798
昭和43年4月 797号 特集:日本と天皇
【巻頭言】
相馬 敏夫:明治百年に思う

野口  明:天皇陛下の御人柄
入江 相政:葉山百年
千葉 三郎:蘇らせよ! ”日本の心”
木下 広居:道徳の復興(八)
神田 金一:現代日本を考えるー日本の教育制度と外国の比較ー

<道徳教育のヒント>
人見  昭:『先生・お願いします』ー入学時の父母への要請ー

横田佐代次:新しい家庭教育(その5) <考える力>
koudou0797
昭和43年3月 796号 特集:日本の近代化と西村先生
【巻頭言】
野口  明:国防の問題

島津 忠重:勝海舟翁を偲んで
新美 忠之:明治百年と五ケ条の御誓文
木下 広居:道徳の復興(七)
西村 茂樹:田原坂
片山 清一:西村先生のみた日本近代化の問題点(二)ードナルド・H・シャイブリー教授の研究ー

座談会:中学校道徳教育の問題点
出席者
野口  明:本会副会長
木下 広居:本会理事(専大教授)
渡辺 正勇:本会理事・主事
片山 清一(司会):本会理事(目白学園教授)
横田佐代治:本会会員(東教大坂戸高校教頭)
小田島恒雄:同(練馬区大泉中学校長)
和辻 夏彦:同(目白学園短大教授)
石田 直武:同(目白学園中学校教諭)
本間  博:同(足立区第九中学校教諭)
佐々木三郎:同(足立区第十一中学校教諭)

大浜 信泉:沖縄問題を語る(下)
koudou0796
昭和43年1/2月 795号 特集:明治100年と西村精神特集
【巻頭言】
平塚 益徳:明治百年を迎えて

島津 忠重:徳川慶喜公を偲びて

座談会:現代小学校道徳教育の問題点について
(出席者)
野口  明:本会副会長
木下 広居:本会理事
渡辺 正勇:本会理事・主事
片山 清一(司会):本会理事(目白学園教授)
後藤 三郎:本会特別会員(立大講師)
大塚正八郎:同(東教大教授)
横田佐代次:会員(東教大坂戸高校教頭)
岩淵 英夫:同(北区滝野川第5小教諭)
小林 良男:同(赤羽台西小教諭)
塩沢 光利:同(練馬区開進第3小教諭)
高田  賢:同(新宿区早稲田小教諭)
西野 次三:同(板橋区板橋第7小教諭)
笹崎 正市:同(文京区千駄木小教諭)
人見  昭;同(文京区真砂小教諭)
嶋根 欣一(記録):同(文京区誠之小教諭)
吉田  豊:同(文京区誠之小教諭)
渡辺 芳子:同(豊島区高松小教諭)
木下 広居:道徳の復興(六)
新美 忠之:あるお正月の思い出
片山 清一:西村先生のみた日本近代化の問題点(一)ードナルド・H・シャイブリ―教授の研究ー
西村 茂樹:読書次第緒言抄
大塚正八郎:冬の健康管理
木村 健一:老人よもやま
横田佐代次:新しい家庭教育(その四)
大浜 信泉:沖縄問題を語る(上)
koudou0795
昭和42年12月 794号 特集:緊縮化財政
【巻頭言】
野口  明:緊縮政策の秋

新美 忠正:沖縄を見る日ー沖縄随想ー
森田康之助:商法(あきない)の極意ー商業道徳の日本的性格
木下 広居:道徳の復興(五)
田村  寿:鉄路の錆び
坂上 長世:節酒
後藤 三郎:ブーメラン道徳について
森  幹郎:長寿つれづれの記ークラブの型と長寿について
渡部  弘:室内鉢物の上手な手入れ
横田佐代次:新しい家庭教育(その三)
koudou0794
昭和42年11月 793号 特集:日本民族の特性
【巻頭言】
久保 清一:国民性について

白鳥 芳郎:日本民族の特性
小島 茂男:日本国民性について
徳川 義親:新しいものと古いもの
浦崎  純:沖縄返還は住民悲願を優先に
野口  明:人生論
白岩 和夫:現代の青少年の意識と問題点

読書随想
横井久美子:「君たちはどう生きるか」を読んで
金宗やすよ:楽しい読書
坪内 正治:「にんじん」を読んで
芦葉  学:「坂本竜馬」狂風の巻
五十嵐節子:松の木
鈴木 幸子:下がり
koudou0793
昭和42年10月 792号 特集:読書・体育特集
【巻頭言】
鎌田  正:読書と体育

岩淵悦太郎:読書の楽しみ
上里美須丸:読書推進運動と読書会

読書随想
佐藤久美子:読書のあり方について
野口 京子:読書について
曽我部 玲:「芥川竜之介名作集」の中から
高野 弘正:剣道とは何ぞや
大塚正八郎:体育の日に思う
大沢水紀雄:のびのびとー習志野高優勝を見て
西村 茂樹:知の修養
木下 広居:道徳の復興(四)ー政治との関係ー
横田佐代次:新しい家庭教育(その二)
渡部  弘:お庭に花の咲く木を
koudou0792
昭和42年9月 791号 天災・敬老特集
【巻頭言】
相馬 敏夫:量より質を
野口  明:天災と覚悟
入江 相政:対策はこれだけ
大沢水紀雄:東京に大地震が起こったら
木村 健一:老人福祉の問題点ー「敬老の日」に皆で考えたいことー
森  幹郎:敬老の日

私の健康長寿法
島津 忠重、後藤 三郎、小名木教吉、
松倉秋之助:老後の生活
koudou0791
昭和42年7/8月 790号 特集:みどりの日本
【巻頭言】
酒井 忠正:式辞(第六十五回総会)

島津 忠重:植樹祭の思い出
西村茂樹:山林
徳本 孝彦:国土の緑化
清水 基夫:日本の誇りユリの花ー特にヤマユリとササユリー
川上 富三:石川理紀之助翁の山林経済の道
五十嵐徳雄:学校教育の一環としての學校植林
石橋 香峰:大炊殿林
三紀水紀雄:自然保護と開発
山階 芳麿:緑のハンブルグ
渡部  弘:平和の緑
新美 忠久:月下美人の教訓ー沖縄随想ー

大館 竜祥:
皇太子同妃両殿下をブラジルにお迎えして
koudou0790
昭和42年6月 789号 特集:日本人の事業経営
【巻頭言】
野口  明:明治百年に際して

出光 佐三:日本人の事業経営
相馬 敏夫:沖縄見たまま
木下 広居:道徳の復興(三) 政治資金の問題
片山 清一:教育法令改正に伴う女子教育の方針ー学生頒布当時の構想とその展開ー
新美 忠久:コカコロニゼーションー沖縄随想ー
横田佐代次:新しい家庭教育(その一)
koudou0789
昭和42年5月 788号 特集:民主主義
【巻頭言】
諸橋 轍次:時事偶感

平塚 益徳:民主主義の根本問題
斎藤栄三郎:外人の見た日本
大塚正八郎:家庭生活と倫理ー民主的家庭生活ー
木下 広居:道徳の復興(二)ー公徳とは何かー
新美 忠久:民主主義と公徳心
石垣 純二:イグゼキューティヴの健康
koudou0788
昭和42年4月 787号 特集:皇室特集
【巻頭言】
麻生 磯次:天皇のラジオ放送

野口  明:日本の皇室
迫水 久常:日本国と皇室
相馬 敏夫:思出の数々
大沢水紀雄:「皇室」と”若い世代”ー一新聞記者の個人的発言ー
入江 相政:春さりくれば
koudou0787
昭和42年3月 786号 特集:国民の意味
【巻頭言】
木下 広居:国民道徳についての反省

麻生 磯次:自由の意味
新美 忠久:沖縄問題管見ー序論ー
西村 茂樹:航海移民
吉雄 ハナ:マンジオカ粉に化けた朱珍の丸帯ー初期移住者の妻が歩いた道ー
石橋  襄:モスクワ見たまま
ハワイの印象ーホノルル市での見聞断片ー
koudou0786
昭和42年1/2月 785号 特集:90周年記念式特集
【巻頭言】
野口  明:記念式典を終って

創立九十周年記念講演
大久保利謙:明治の近代文化建設と西村茂樹先生
石川  謙:西村先生の往事録を読む

祝辞
蓮沼 門三:日本弘道会創立九十周年祝賀大会に出席して
永井  亨:私の道徳観
伊藤  武:祝辞
一条 秀美:社会教化学院の思い出
片山 清一:一外人の見た西村先生の思想ーその進歩的な考え方を中心にー

日本弘道会九十年略史(自 昭和三十一年 至 昭和四十一年)
朝倉 治彦:国立国会図書館所蔵西村茂樹先生稿本類書目
koudou0785
昭和41年11/12月 784号 特集:90周年特集号
【巻頭言】
木下 広居:九十周年

野口  明:九十周年所感
海後 宗臣:明治の思想家西村茂樹先生
泊翁先生遺詠:大宰府の菅廟に詣でて
平塚 益徳:西村茂樹博士の現代的意義
小出 孝三:弘道会の永続と西村精神
小島 茂男:崩壊期における西村泊翁
一条 秀美:社会教化学院の思い出
入江 相政:いつも思うこと

九十周年の祝賀と回顧
宇野 哲人:追憶
島津 忠重:西村茂樹先生を偲ぶ
相馬 敏夫:九十周年を迎えて
藤原 楚水:日本弘道会と私
中村 孝也:救国の使命
春山治部左衛門:九十周年に寄せる
伊藤  武:九十周年を迎えて
中島幸太郎:九十周年所感
椎名 保弘:九十周年を迎えて
岩崎  晶:祝創立九十周年
藤本 萬治:会祖西村茂樹先生と学校の道徳教育

会員随想
沢田 源一:随想
中野栄三郎:支会便り
酒井 健作:世相を凝視して
川村 宗嗣:支会通信
古津千次郎:明治を近寄せたい

渡辺 正勇:九十年の歩み
koudou0784
昭和41年10月 783号 特集:心身鍛錬の秋
【巻頭言】
野口  明:家運は書棚から

平塚 益徳:体育の重要性
大塚正八郎:体育の日に健康の反省を
木下 広居:道徳復興運動 第一話・乞食の中共寺まいり
田村  寿:明治百年の金字塔 工業会の元勲
      故西村勝三翁の横顔
大沢水紀雄:体操で町づくり 「体育の日」にちなんで 千葉県南総町見学記
湯浅 晃一:子どもたちのための読書指導
新美 忠久:古典を坐右に
大石 義雄:明治維新と帝国憲法
田中 俊夫:日本道徳論の再刊を
koudou0783
昭和41年9月 782号 特集:長寿と敬老
【巻頭言】
宇野 哲人:敬老の日について

長井 真琴:敬老時代
杉 靖三郎:長生きのために
崎川 範行:アジア親善への小さな組織
出光 佐三:獅子の王座
koudou0782
昭和41年7/8月 781号 特集:祖先を祭る心
酒井 忠正:第六十四回通常総会式辞

中村 孝也:祖先を思う心
鎌田  正:報本反始について
藤原 岩市:最近の東南アジア事情
川上 富三:祖先のお墓を大切にすべし
石橋  襄:沖縄視察を終えて
koudou0781
昭和41年6月 780号 【巻頭言】
高田 真治:沖縄の学徒を偲んで

浦崎  純:帰らざる島 帰らざる民
金城 和彦:かく戦へり沖繩県
大浜 信泉:沖縄のこと
斎藤 喜門:沖縄の学校
照屋 盛通:立法院議員立候補に際して
当間 藤子:沖縄の舞踊
飯井 敏雄:沖縄の地に誓う
koudou0780
昭和41年5月 779号 【巻頭言】
関屋 竜吉:国民教育の再認識

大橋富貴子:現代の親とこども
菊池ふじの:幼児のしつけー将来の道徳教育につながるものとしてー
天野 貞祐:教育者を志して
武井 正弘:西村茂樹翁と明六社
渡辺 正勇:諸橋先生の晴れの受賞
沢田 美喜:安住の地を求めて
koudou0779
昭和41年4月 778号 【巻頭言】
渡辺 正勇:みどりの国日本

入江 相政:霧
迫水 久常:新日本の出発点
木下 道雄:聖なる夜景
白鳥  令:英国の教育と社会ーオクスフォードの生活からー
koudou0778
昭和41年3月 777号 【巻頭言】
石川  謙:片目だけでものを見てはならぬ

武井 正弘:維新における啓蒙の指標ー西村茂樹翁についてー
斎藤 喜門:中学生のもつ愛国心
矢部 貞治:日本の政治の反省
岩越元一郎:資本主義の超克
koudou0777
昭和41年1/2月 776号 【巻頭言】
平塚 益徳:古風な教養
留岡 清男:自然と児童と教育
安岡 正篤:時務と人物
岩淵悦太郎:語の清濁
千葉 三郎:アジアの現状とアジア国会議員連合
後藤 三郎:十日の旅ー福沢諭吉と夏目漱石
大野 政治:絵馬について

[泊翁先生著書紹介]1
片山 清一:小学修身訓
koudou0776
昭和40年12月 775号 【巻頭言】
新美 忠之:明日に備える

加賀 栄治:論語私抄(二)
御手洗辰雄:日韓国交正常化の意義
松原 一彦:明治九十八年ー五十四歳以上は明治ものー
koudou0775
昭和40年11月 774号 【巻頭言】
渡辺 正勇:教育勅語渙発七十五年に際して

国松賢四郎:東海道新幹線3時間運転開始に際して
中安 与作:日韓問題をめぐる最近の諸情勢
森田康之助:日本のこころ
樫葉  勇:子どもと環境
林  覚雅:割れ卵の急場を救った女子高校生
koudou0774
昭和40年10月 773号 【巻頭言】
木下 広居:政治の基礎は道義

澁沢 秀雄:気まぐれ日記
平塚 益徳:世界の中の日本の教育
山本 哲生:西村茂樹翁の国意識
片山 清一:弘道会創立三十年記念の「井上哲次郎博士の祝辞」<その内容要約とそれについての考察>
稲村 担元:都史跡西村茂樹墓
西村幸二郎:東京都史跡指定と千葉県に於ける先覚者選定
神戸 光子:史跡に指定されまして
渡辺 正勇:会祖泊翁先生の墓地史跡指定に方って
山谷 鍈一:肖像画に寄せて
koudou0773
昭和40年8/9月 772号 【巻頭言】
野口  明:吉展ちゃん事件に思う

入江 相政:今の世が恐ろしい
平塚 益徳:世界の中の日本の教育(上)
加賀 栄治:論語私抄(一)
斎藤 喜門:子どもの夢
フリッツ・フオス:日蘭両国語の交わり 海軍はオランダ語でも「カイグン」
川上 富三:石川理紀之助翁とその和歌
倉持豊三郎:道を求めて
遠藤 正雄:新米校長の第一声
koudou0772
昭和40年7月 771号 【巻頭言】
木下 一雄:日本人として

木下 広居:都政と腐敗選挙
相馬 敏夫:渋沢翁と日本弘道会
白木 茂安:運命について
岩淵悦太郎:ことばあれこれ ”耳につく”若い人の読み違い
浅山 英一:花木に花を咲かせる水やりの秘訣
上田 茂男:相撲談義 基本と真摯
koudou0771
昭和40年6月 770号 【巻頭言】
野口  明:民主制度の持病

千葉 三郎:東南アジアの情勢と日本の使命
斎藤 喜門:道徳授業風景 一年生(中学)は生意気だ
松原 一彦:美しい波紋
下程 勇吉:正味の仕事
koudou0770